Foods

ピーマンにレモンの2倍のビタミンC!!まだある意外な効果

皆さん、ピーマンって好きですか?もしかしたらピーマンが苦手な人って大人でも意外と多いかもしれませんね。特に緑ピーマンは苦味もあり、苦手意識が増す食材の一つかもしれません。

しかし、ピーマンには女性のお悩みを解消してくれる優れた栄養効果がたくさんあるのです。

美容にも健康にもよいピーマンの美容効果を知ったらきっと積極的に料理に取り入れたくなるでしょう。この機会にピーマンの優れた効果を知って、日々の食事に取り入れていきましょう。

ピーマンの栄養素と美容効果

bijin_027

実はビタミンが豊富。

ピーマンはレモンの約2倍ものビタミンCを含みβ-カロテン、ビタミンB1・B2、ビタミンE,ビタミンDなどを多く含みミネラルも豊富な食材です。

熱に強いビタミンC含有

通常熱に弱いとされているビタミンCですが、ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強く加熱しても壊れにくいとされています。ビタミンCの含有量が多いので、シミやソバカスを防ぎ、メラニンの生成を抑制する美肌効果があります。

また、β-カロテンは体内の活性酸素を除去してくれる抗酸化作用があるので、アンチエイジングに効果的で美容の強い味方です。免疫力をUPさせ風邪を予防する働きもあります。

腸内をすっきりキレイに

kamu03

お腹すっきりー♪

さらにビタミンEやビタミンDは血行促進作用があり、代謝を高めてくれる効果があります。ピーマンには食物繊維が多く含まれていますが便通を良くし、老廃物の排泄を促してくれるので良好な腸内環境を整えてくれることにも役立ちます。

クロロフィルが抗ガン作用

ピーマンの濃い緑色をしている葉緑素(クロロフィル)は、血液中のコレステロールの低下作用や抗ガン効果があることも知られています。

また、毛細血管を強くし、出血を防ぐビタミンPも含まれているので脳出血をはじめ潰瘍や傷の予防にも有効です。

実は脂肪燃焼カプサイシンも!

ピーマンは唐辛子の仲間であることを知っている人もいるかと思います。脂肪燃焼作用のあるカプサイシンが含まれているので、ダイエットにも効果的です!

 このようにピーマンに含まれる栄養素はたくさんの健康・美容効果があり、美しく健康な体を意識する女性に是非取り入れたい食材なのです。

 お店で買う時のポイント

bijin_006

苦いかは…ヘタで分かる。

今日では一年中出回っているピーマンですが旬は夏で、味も夏場が一番良いと言えますが、年間通して売られているので一年を通して取り入れたい食材です。

肉厚・緑色・色鮮やか

ピーマンを買う時のポイントは肉厚でヘタの緑色が色鮮やかであるものを選ぶと良いでしょう。ヘタが茶色っぽくなっているものは選ばないようにしましょう。ヘタの部分をよく見てもらうとヘタが六角形のものと五角形のものがあります。六角形のものは苦味が少ないとされているので選ぶときのポイントにしてみて下さい。

また、緑ピーマンが熟した後の赤ピーマンも店頭によく並んでいます。赤ピーマンは緑ピーマンのような独特な苦味もなく、栄養価も高いので緑ピーマンと同様日々の食事に取り入れたい食材です。

ここが大事!調理法と食べ方

ピーマンの優秀な栄養素を効率的に摂るには生で食べることが一番効果的です。

野菜ジュース

bijin_030

新鮮なピーマンで試してみて。

ピーマンを他の野菜とジュースにして飲むと良いでしょう。他の食材と一緒にミックスしてジュースにすることにより甘味や酸味が加わりとても飲みやすくなります。「ピーマン、りんご、トマト、レモン」などのジュースは飲みやすくおすすめです。

加熱して苦味軽減

また、ピーマンに熱を加えることで独特な苦味を軽減させることができます。

ピーマンは油との相性も良い食材なので、加熱調理すると良いでしょう。また、美味しく食べられるだけでなく、β-カロテンは油と一緒に摂取することで体内への吸収がよくなるので効果的です。

ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いとされていますが長時間熱にさらされていると溶けて流れて行ってしまいます。また、クロロフィルも熱に弱いとされていますので、ピーマンの栄養素を効率的に摂取するためにも調理はなるべく短時間で終わらせるのが調理のコツです。

 まとめ

bijin_003

ビタミン取るならピーマンも候補に。

このようにピーマンには私たちの健康を促進し、美容にも効果をもたらしてくれるたくさんの栄養素が含まれている食材です。内側からキレイになるために是非取り入れたい食材ですね!ピーマンのたくさんの栄養素があなたの健康と美容の手助けをしてくれるでしょう。

関連記事

  1. memoto 目元美人でマイナス5歳!今日から目元ケアはじめよう!
  2. 6aee454ec10f7903d3012aad02fbecc4_s-e1469251495503 肌トラブルは春先が要注意!春が来る前にやっておきたい美容法
  3. 養殖?天然?美容効果が高いウナギの選び方&でも注意すべき点
  4. rippu リップが唇からあなたを変える!いつもと違った自分を演出してみよう…
  5. denkiaturyokunabe 時短・簡単♪「電気」圧力鍋で美味しく放ったらかしcoocking…
  6. bijin_034 飲む美容液といわれる日本酒♪透明感のある肌を手に入れて!
  7. 意外と知らない!?ココナッツオイルをより効果的に取り入れる方法9…
  8. f46d51f498dc65bfc2704e98e8fec078_s 【じゃがいもの保存方法】冷暗所・冷蔵・冷凍保存のテクニック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

adeyukata7
  1. habariumu11
  2. ohurohada2
  3. imitepiasu
  4. 03fca6ad03f4cd5c50424f5edfea7aa0_s
  5. hurosik25
  6. natugarasu25
PAGE TOP