Foods

女性に嬉しい効果がいっぱい!春菊の力であなたも美肌に!

 春菊はお鍋に入れたり、おひたしにしたり、白和えやごまあえなどの調理法が良く知られているかと思います。しかし、春菊は独特な香りがして、それを苦手とする人も少なくないので敬遠されがちな食材の一つでもあります。しかし、春菊には女性に嬉しい美容効果をたくさん含んだ食材で、是非積極的に取り入れた野菜です。美容だけでなく、様々な体調を整えてくれる体の健康にも役立つ作用が詰まっているので、春菊に秘められたパワーを知って健康美人になりましょう!

春菊とはどんな食材?

春菊の原産地は地中海沿岸で食材として食べられているのは東アジアにおいてのみです。春菊は一年を通して栽培されていますが、旬は11月から3月で特にこの時期に多く出回ります。

春菊の歴史は17世紀末の農業全書にも記載があるほど古くから食べられてきた食材で「食べる風邪薬」と言われ、昔から風邪の回復に効果があるとされてきました。さらに「のぼせを鎮める」という作用も昔からあると言われ、昔から人間の体によい効果をもたらすことが知られている食材です。

春菊に含まれる主な栄養素と働き

ビタミン類が豊富で健康美肌に!

syungiku03いいこといっぱいじゃん!

春菊はホウレン草以上にカロテンを多く含んでおり、カロテンは体内に取り込まれるとビタミンAに変化します。このビタミンAが春菊には100gあたりなんと4500mgも含まれています。これは成人女性が一日に必要とするビタミンAの2/3を含んでいてとても女性には嬉しい食材ですね!ビタミンAは美肌作りにとても効果を発揮してくれる栄養素で、肌の粘膜を強くしてくれて肌トラブルにも効果があり、強い肌を作ります。

免疫力UPで中からキレイ!

そして肌だけでなく、体の機能にも働きかけ、消火器系・呼吸器系の免疫力を助けてくます。また、β-カロテンには優れた抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれるので、アンチエイジング効果をもたらします。肌老化に効くだけでなく免疫力をUPさせ、風邪予防さらにはガン予防にも力を発揮します。

その他、ビタミンB1・ビタミンB2・も豊富で糖質、脂質の代謝を促進し、ビタミンCも含まれているので美肌効果が期待できます。

冷え性対策、貧血予防にも!

近年冷えに悩まされる女性が増え、冷えに効く食材も多く取り上げられています。春菊にはミネラルが多く含まれ、胃腸をあたためて働きを良くするので血液の巡りが良くなり冷えが改善される作用があります。冷えが改善されると、血行が良くなり肌の代謝も改善されるので、肌のくすみがなくなり顔色が明るくなります。

また、腸内の血液をキレイにし、造血作用のある鉄分・マンガンなどを含むので貧血に悩む女性には是非積極的に取り入れたい食材ですね。

春菊の独特な香りが生む効果がすごい!

syungiku04

香りでダイエット♪

春菊の独特な香りはα-ビネンとベンツアルデイドという成分です。この香り成分が実はとても美容と健康に効果的な役割を果たしてくれるのです。

この香り成分は自律神経に作用し、消化を促して便通を促す効果があり体の中をきれいにしてくれる作用があります。ダイエットにも効果的ですね!また、昔から言われている咳を鎮め、のどの痛みを和らげる効果もあるので風邪をひいたときにもオススメの食材です。

・春菊の効果的な食べ方

みなさんは春菊をどのような調理法でたべていますか?

春菊は生でサラダなどにしてもおいしくいただけますが、ゆでることによりカロテンの栄養が倍以上にも増すので是非おすすめしたい調理法です。たくさんの栄養素が含まれている食材なのでなるべく栄養素が出ていかないためにも水にさらしておく時間や、加熱時間を短くすると良いでしょう。鍋物に入れる時には、食べる直前にいただき、おひたしやごまあえなど春菊を丸ごとゆでて調理する時は、先に根元の部分を入れてから全体をゆでていくと栄養素の流出を防ぐことができます。ゆでた後に水に浸しておく時間も短くし、さっとくぐらせる程度でも十分です。

syungiku02

昔から体に良いとされてきた春菊の良さをお分かり頂けましたか?春菊は女性に嬉しい美容効果や体を健康に保つための成分がたくさん詰まった嬉しい食材ですね!春菊パワーで健康美人になりましょう!

関連記事

  1. gure-pu 何℃でもグレープフルーツは魅力的!ホットで快眠・生なら美肌
  2. ストレスからくる肌荒れには「ジャガイモ」を!驚きの美容効果
  3. sirasu 普段の食事に「しらす」をプラスで肌に弾力を♪
  4. 「30倍に膨らむ」スーパーフード!バジルシードが持つキレイの魅力…
  5. 【一覧】食材の名前の由来Q:なんでその名前なの?
  6. 養殖?天然?美容効果が高いウナギの選び方&でも注意すべき点
  7. ピーマンにレモンの2倍のビタミンC!!まだある意外な効果
  8. goma1 アンチエイジング効果だけじゃない!+ゴマでPMSを緩和しよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

imitepiasu
  1. 03fca6ad03f4cd5c50424f5edfea7aa0_s
  2. hurosik25
  3. natugarasu25
  4. 219eb990f10ea75dc7793579d1f6fd40_s
  5. romehati11
  6. oyasumiakuse5.png
PAGE TOP