ファッション

浴衣は着た後どうするの?浴衣の干し方・汚れチェックのお手入れ方法

yukata2

正しいお手入れで次も浴衣を綺麗に着よう

花火大会にお祭り、夏は浴衣でのお出かけが楽しい季節ですよね。でも、家に帰って

あれ?脱いだ浴衣ってどうすればいいの・・

と着たあとの浴衣のお手入れに、迷ってしまう方も多いのでは?

まだまだ浴衣が活躍する季節、正しくお手入れをして、次回のお出かけも浴衣で優美に楽しみましょう。

今回は浴衣を一時的に仕舞う場合の、浴衣を着たあとの汚れの確認・干し方についてのお手入れ方法をご紹介します。

汚れの確認と埃取り

yukata6まずは汚れのチェックから

浴衣を脱いだら、初めに浴衣や帯・小物に汚れやシミがないか確認します。一度着ただけの浴衣なら、汚れがなければ洗わなくても干して湿気と埃を取れば、一時的な保管は大丈夫です。

和装ブラシか、なければ代用として化粧用パフを使って埃を取りましょう

手を清潔にした後、浴衣全体と襟・袖・おしり・裾を重点的にチェックします。

傷の原因になるので、汚れを見つけてもこすったり、強く叩かないよう注意して下さい。

汚れを見つけた場合、醤油やお酒などの水溶性か、ファンデーションや口紅などの油性かといった、汚れの性質・生地の種類によってお手入れは異なります。

生地の種類と汚れの判断

847bf06f416fb8b6a4bc8779ee891fdb_s何で汚れたかチェックしよう

一番安心なのは、小さな汚れでもクリーニングに出すことです。でも、毎回持っていくのはお金もかかって大変ですよね。

和服の中でも、木綿・麻・化繊は自宅でのお手入れが可能な生地です。

汚れがファンデーションや皮脂汚れなどの油性汚れの場合は自宅ケアが出来ます。

ただし、生地が木綿・麻・化繊で油性の汚れであっても、自宅ケアで色落ちや白浮きすることもあるので、心配な場合はプロに任せましょう。

油性汚れの落とし方

①白い布かタオルを汚れの下に置きます
②染み抜きブラシかガーゼに、リグロインかベンジンを垂れる位たっぷりと染み込ませます
③汚れを中心に布目に沿って拭いて、素早く下に敷いた白布へ汚れを移します
④新しい綺麗な白ガーゼで表面を拭いて、浴衣を上下に振って薬剤を飛ばします

薬剤で輪シミが出来てしまった場合は、何を使ったかを伝えプロに任せましょう。

浴衣の干し方:半日くらい陰干し

yukata3数時間~半日、陰干しが正解

浴衣を着たあとは、湿気を取るために必ず浴衣や帯を干しましょう。

浴衣を和装ハンガーにかけて、約半日のあいだ陰干しします。

色ヤケや埃汚れを防ぐため長時間は干さず、少なくとも2時間以上~半日程度、陰干しします。

直射日光が当たると日焼けや色あせするため、室内風通しの良い場所に干しましょう。

和装ハンガーがない場合

100均アイテムで代用しよう

和装ハンガーに干すのが一番ですが、ない場合は100均のスライド式タオルハンガーかつっぱり棒で代用できます。

洋服用のハンガーは跡が付くので、使わないようにしましょう。

スライド式タオルハンガーを使う場合は、変な位置に跡が付かないよう、袖付けまでタオルハンガーを伸ばして浴衣を干しましょう。

つっぱり棒は、フック式のハンガーなどにつっぱり棒を付けて、袖口までつっぱり棒を通し浴衣を干しましょう。

帯と小物の手入れ

yukata1着たものは全て湿気をとろう

帯と帯周り:帯以外にも帯紐・帯揚げを使った場合、浴衣と同じようにハンガーにかけて陰干しをして空気を通しましょう。

履き物:草履や下駄は汚れているため、雑巾や布で汚れをふき取ってから収納します。

長襦袢:麻やポリエステルの長襦袢は、ネットに入れて洗濯出来るものが多いです。脱水後にアイロンをかけて、シワを伸ばしたあと干しましょう。

正絹・絞りや凹凸のあるのも・色柄物は自宅では洗わずプロに任せましょう。

小物:肌襦袢・裾除け・腰ひも・伊達締め・足袋・和装ブラなどの小物は、着け置きしたあと手洗いが出来ます。

ただし、帯板と帯枕は傷んでしまうので洗わないようにしましょう。

畳み方:手順に沿ってたたむ

浴衣は間違った畳み方をすると、シワや折り目が付いてしまうので、正しい手順に沿って畳むことが大切です。

浴衣の畳み方について、AllAboutさんが分かりやすく畳み方の紹介をされています。

図解!簡単な着物・浴衣のたたみ方

浴衣の汚れを確認して干した後は、正しく畳んで一時的に保管しましょう。

夏が終わって、もう着なくなった場合は浴衣を洗ったあとに収納します。

まとめ

yukata7次のお出かけも浴衣を綺麗に着よう

浴衣を着たあとの干し方・汚れの確認・畳み方についてご紹介しました。浴衣は洋服と同じように扱うと、色落ちやシワがついてしまうので、和装の扱いに沿ってお手入れしましょう。

浴衣を着たあとは、

・埃を取り汚れの確認をして、必要や素材に応じて自宅洗いかクリーニング
・和装ハンガーか代用ハンガーを使って、2時間~半日陰干しする
・手順と縫い目に沿って正しく畳む

の3ステップでお手入れしましょう。夏真っ盛り、浴衣を仕舞い込まずに正しくお手入して、夏のお出かけに浴衣を活躍させましょう。

関連記事

  1. 3396 磁石をかざして模様づけ。キャンドゥのマグアートネイルで魔法をかけ…
  2. b9a2883b3f3aae962f6e6a1f913dcd13_s 「買ったのに着ない」を0枚に。夏セールの賢いお買い物術を知ろう
  3. 時代にとらわれないキレイを引き出すファッションの教えであなたを演…
  4. yukata6-e1468557701483 浴衣の「暑くて脱ぎたい」を防ぐ!浴衣を快適に着こなすためのポイン…
  5. yukata15 どんな浴衣が洗えるの?浴衣の洗い方とお手入れ方法
  6. adeyukata7 大人の女性だからこそ艶やかに。浴衣を着こなすための3つのポイント…
  7. kurasyusyeru31-1-e1465990620187 100均の天然クラッシュシェルで夏ネイル♪初心者さんのクラッシュ…
  8. yukatasyosa4-e1467017217700 浴衣美人=所作美人。大人女子が浴衣で気を付けたい3つの所作とは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

adeyukata7
  1. habariumu11
  2. ohurohada2
  3. imitepiasu
  4. 03fca6ad03f4cd5c50424f5edfea7aa0_s
  5. hurosik25
  6. natugarasu25
PAGE TOP