ダイエット

ダイエットしても無駄!? 痩せられない本当の原因はコレかも

daietto

失敗続きのダイエット、

結果が出ずに諦めてはリバウンドして、またチャレンジしたけど結果さらに体重増…、そんな痩せられないスパイラルに陥ってしまうとなかなか抜けられないですよね。

 

「食事」「運動」「骨格」「体質」など様々なダイエット法がある中で、今回は一番多くの方がトライしては失敗の経験を持っている「食事」について注目。痩せられなかった原因を理解して、正しいダイエットに臨みましょう。

 ★「食べない」では痩せられない?!

kamu01

 多くの方が一番トライしたことがあるのがとにかく「食べない」ダイエット。

食べなければ痩せるのは当たり前 なんです。

しかし、スタートは順調に体重も減っていたのに、なかなか落ちない時期「停滞期」に陥った途端、気持ちが切れて食が止まらずリバウンド…なんて経験ありませんか?

それは「食べない」ことが原因で、逆に太りやすい体質に変化してしまったのです。

 【「食べない」ことで起こること】

①体が“飢餓状態”となり「このままでは体が弱ってしまう!」と防衛本能が働き、摂取したカロリーを体に蓄積させようと、痩せにくい体質を作ってしまいます。

②体の筋肉が減少し「燃焼する力」もダウン。摂取したカロリーを消費しにくい体質になってしまいます。いわゆる「代謝が落ちる」とはこのこと。

③必要な栄養分まで不足してしまうため、乾燥やくすみで肌がボロボロに。内臓機能も低下してお通じも悪くなり、下っ腹がぽっこり…。

最低限、必要なカロリー 

我慢して我慢して「食べない」時期の「ちょっと一口…」、コレが命取り。一口食べたらその美味しさを思い出してしまいもう止められない。節制していた分、体が油分や糖質を自然と欲して吸収してリバウンドしてしまうようです。

1日に必要な摂取カロリーは最低1,200カロリーと言われています。

食べ過ぎは禁物ですが、量を管理しながら体を燃焼させるための質の良い食事を目指しましょう。

 ★間違いだらけのダイエット食

 ダイエット中の食事は、サラダや海藻類、納豆、こんにゃく、もやしなど、とにかくカロリーを抑えられる食品を選びがち。炭水化物やお肉なんてもってのほか!と思い込みがありますが、効率的に痩せるには必要な食材なのです。カロリー管理しながら、必要食材はしっかり摂取して痩せやすい体作りを目指しましょう。

 【効率的に痩せるための必要な食事】

kamu04

①「炭水化物(糖質)」は不足すると、筋肉が分解されて代謝がダウン。痩せにくい体に陥ると同時に、ブドウ糖不足で気分がイライラ。ダイエットを継続させるために、少量でも摂取して心の安定も!

②代謝アップのための筋肉を作るには「タンパク質」が絶対不可欠! “動物性タンパク質”だと、脂の少ない赤身のお肉、鶏肉、魚、卵白など。“植物性タンパク質”だと、納豆、豆腐、大豆など。体重1キロにつき、1グラムの摂取が理想的です。

kamu02

③食べ物を消化&体の滞りを排出させる「酵素」が必要。しかも加齢とともに体がもともと持っている酵素はどんどん減少…。フルーツ、生野菜、お刺身などの“生の食べ物”や、味噌、納豆、しょうゆ、ぬか漬けキムチなどの“発酵食品”に多く含まれています。体を温める効果もあるとか。

カロリーカットを意識

 とは言えダイエット中なので、意識して欲しいのが調理法。卵だったら「茹でる」、鶏肉だったら「蒸す」、電子レンジなどもフル活用して、極力油をつかわない調理法を選んで余計なカロリーはカットしましょう。

 ★重要! 知っておきたい食事法ルール

 なるべくカロリーは抑えたいところに、代謝をアップさせて燃焼しやすい体を作るために必要だからと言って炭水化物やお肉を普通に口に入れるのはちょっと怖い…。必要な栄養をより効率的に体内に送り込むための、ダイエット食事法を覚えて習慣化させましょう。

 【効率的で無駄の無い食べ方とは?】

①一食抜きダイエットは危険! 食事を抜いている時間が長くなるほど、次の食事でのカロリーの蓄積、脂肪の溜め込み力がアップしてしまいます。さらに朝食を抜くと体温が上がらず消費エネルギーが低下し結果太りやすい体に…。1日3食なるべく同じ時間に摂取することを意識して体にリズムを覚えさせましょう。

kamu05

②“野菜⇒汁物⇒低カロリー食材⇒タンパク質類⇒炭水化物”の順番を意識して食事をすることで、食欲を沈めながら不要なカロリー吸収を防ぎます。食事の前に、噛みごたえのあるノンシュガーのガムを噛んで食欲を制限したり、最初に酵素を取り入れて排出しやすい状態を作ることも効果的です。

 まとめ 

kamu03

ダイエットにおいて、食べる事の重要性、バランスの取れた食事と不可欠な食材、効率的な食べ方など正しく理解した上で健康的にダイエットを進めることで、痩せにくい体質へと変化し、その後の体型キープにもつながります。

どのダイエットにおいても、何より一番重要なのは「何のために痩せたいのか」最初にダイエットを決意した理由を意識しながら臨むことが案外一番大事だったりします。

去年のお気に入りの服が着たい、好きな人ができた、モテたい、キレイな花嫁になりたい!など、目的・目標を明確にすることで、途中で断念することも少なくなります。思い描いたスリムボディを目指して、この夏理想の自分に変身して!

関連記事

  1. re01 ダイエット後のリバウンドにサヨナラ!今日からできる4つの予防法
  2. 賢く食べれば怖くない!冬太りを防ぐ食べ方のポイント
  3. gure-pu 何℃でもグレープフルーツは魅力的!ホットで快眠・生なら美肌
  4. surotyuingu4 スリム美女には「食べ方」の秘訣があった!スローチューイングを習慣…
  5. yoga 驚くべき効果!ヨガは現代人に効果抜群だった!
  6. uokingu キレイが磨けるウォーキング!代謝UPで脂肪燃焼・美肌といいこと尽…
  7. moderu モデルも実践しているダイエット方法まとめ
  8. sumuzi 【おさらい】スムージーダイエットの効果的な始め方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

imitepiasu
  1. 03fca6ad03f4cd5c50424f5edfea7aa0_s
  2. hurosik25
  3. natugarasu25
  4. 219eb990f10ea75dc7793579d1f6fd40_s
  5. romehati11
  6. oyasumiakuse5.png
PAGE TOP