美容

夏もふわっといい香り。正しいお風呂の入り方で匂いをケアしよう

6aee454ec10f7903d3012aad02fbecc4_s-e1469251495503

匂いのケア+香りづけの鉄則

いつでも良い香りがする女性って憧れますよね。汗をかきやすい夏は香水をつけても、元の匂いケアが出来ていないと不思議な匂いになってしまいます。

香りづけ前に、まずは気になる匂いを防ぎましょう。今回は匂いケアの中でもすぐに取り組める、お風呂で出来る匂い予防の方法をご紹介します。

正しい匂いケアの方法を知って、香りも素敵な女性になりましょう。

嫌な臭いの原因って?

nioi6 実は汗は臭くない

汗をかくと臭いが気になりますよね。でも、汗が強い臭いを発している訳ではないんです。匂いを感じる原因は、汗と皮脂の汚れが混ざり、細菌が繁殖することで起きます。

汗には種類があり、汗線が上手く機能していないときに出る「悪い汗」は、菌が発生しやすく不快な臭いの元になります。

汗をかいても無臭に近づくためには、

・全身を清潔に保つ
・いい汗をかける体になる

ことが大切です。当たり前のようですが、この2つが出来ないといくら香りを後付けしても、良い香りにはなりません。汗をかいても臭わない体になるためには、お風呂での匂いケアが大切なのです。

正しいお風呂の入り方


62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s 毎日のお風呂で匂いをケア

普段のお風呂の習慣が、実は細菌を増やしたり悪い汗をかく原因になっていることも・・。汗をかいても臭わないために、汗対策のための正しいお風呂の入り方を見ていきましょう。

優しく洗う

kaori13 ゴシゴシ洗いはNG

体を洗うときは、よく泡立てて優しく洗いましょう。綺麗にしようと何回もゴシゴシ強く洗うと、皮脂の分泌が強まることで臭いの元になります。

また必要以上に洗いすぎると、臭いを抑えてくれる肌の善玉菌が死滅してしまいます。

ボディーソープや石鹸をしっかり泡立て、優しく手洗いするのがお勧めです。汚れが落ちづらい足裏だけは、柔らかいタオルなどでしっかり洗いましょう。

また、洗い流しも臭いや肌荒れの元になるので、特にすすぎ残しが気になる背中やおしりはよく洗い流しましょう。

髪の洗い方

汗をかいて臭いが気になるのが、脇・足・デリケートゾーン・そして頭皮です。髪を洗うとき、さっと流してシャンプーでゴシゴシ洗っていませんか?髪は正しく洗わないと汚れが落ちず、汗をかいて不快な臭いを発してしまいます。

髪を洗うときのポイントは、

・ブラッシングとプレシャワーリングで汚れをしっかり落とす
・マッサージするようにシャンプーする
・丁寧に洗い流しタオルドライ後すぐドライヤーでしっかり乾かす

ことです。詳しい髪の洗い方は、こちらの記事を参考にして下さいね。

綺麗な髪は自宅ケアで作られる。+5分の正しいヘアケアで天使の輪を手に入れよう

重曹を入れて匂いケア

kaori12 重曹の成分は温泉にも含まれている

料理や掃除でお馴染みの重曹は、体臭を弱める効果と美肌効果があります。重曹は低刺激なアルカリ成分を含み殺菌作用もあるため、臭いや細菌の増加を防いでくれます。

また、重曹は皮脂や角質を落とすため、ピーリング効果によりお肌を滑らかにしてくれます。

湯船に大匙2~3杯の重曹を入れて、ゆっくり入浴しましょう。重曹にクエン酸を+すると、炭酸風呂を楽しむこともできます。

重曹の注意点としては、敏感肌・乾燥肌の方は重曹を少なくする・控えることをお勧めします。重曹は油や垢を浮かす効果があるため、敏感肌や乾燥肌の方は、肌が荒れやすくなる可能性があるので、使い方には十分ご注意下さい。

お風呂で汗をかく

kaori11 良い汗になるには汗線を鍛える

 

 

夏場は暑いからとシャワーだけで済ませている方や、冷房の効いた室内で汗をかいていない方は要注意です。汗をかかないと汗線の機能が弱り、ベトベトとした体臭のもとになる「悪い汗」をかきやすくなります。

サラサラした臭いがしづらい「良い汗」をかくためには、運動やお風呂で汗をかいて汗線を鍛えることが大切です。

お風呂で汗をきやすくするには、

・入浴前に水分補給をする
・お風呂に重曹か日本酒、塩を入れる
・ぬるめのお湯に20分以上半身浴をする
・下半身を中心にマッサージする

などが効果的です。お風呂の前に適度な塩分をとると汗をかき易くなるため、塩を一つまみ入れた水を飲むと良いでしょう。

まとめ

kaori15 汗をかいてもいい香り♪

お風呂で出来る匂いケアの方法をご紹介しました。ふわりと良い香りにするためには、匂いケア+香りづけをしましょう。

普段からお風呂でできるケアとして、

・「いい汗」をかいて汗線を鍛える
・泡立てて優しく全身を洗う
・湯船に重曹を入れる

3つの方法をご説明しました。毎日のお風呂の入り方を変えて、汗をかいてもいい香りを目指しましょう。

 

関連記事

  1. aroma4 朝の憂鬱は「アロマの香り」で吹き飛ばそう。元気をチャージする精油…
  2. suimin19 暑い夜もゆっくり眠りたい。快適な眠りを導く5つのポイント
  3. konnyaku16[ 話題の炭酸美容…どんな効果があるの?芸能人やモデルにも大人気な理…
  4. huyubutori2 知らなきゃ損!酵素の美容効果でもっとキレイに!
  5. bijin_126 「髪は女の命」潤う美髪を手に入れる大事なケア5つの方法。
  6. b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s 夏メイクのポイントを押さえて、化粧崩れにサヨウナラ!
  7. cs03 化粧水と美容液の違いって何?正しい美容液の使い方を知ろう!
  8. あなたのUVケア本当に大丈夫?正しい紫外線対策で夏を乗り切ろう!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

adeyukata7
  1. habariumu11
  2. ohurohada2
  3. imitepiasu
  4. 03fca6ad03f4cd5c50424f5edfea7aa0_s
  5. hurosik25
  6. natugarasu25
PAGE TOP