美容

【1日3分】むくんだ顔をスパッと解消&むくまない体質への第一歩

model01

「朝起きたら、顔がパンパン!」「寝起きの顔は誰にも見せられない!」と嘆く方限定です。読めば、試さずにはいられない顔むくみの解消法をお伝えしますね。時間がない方は、最後の1分でできるマッサージ方法を読みながら試してみてください!

Q.顔のむくみはどうして起こる?

A.余分な水分が溜まっているからです。

mizu01

同じ顔なのに朝と夜とでは顔の大きさが違うなんてことありませんか?それは顔に余分な水分が溜まってる証拠です。私たちの体の60%ほどは水分でできています。

この水分は体にとって生きていく上で欠かせませんが、「塩分」の摂り過ぎ(食生活の乱れ)や睡眠不足(体の機能の回復不足)、ホルモンバランスの乱れ(特に生理前に起こりやすい)、代謝の低下といった原因によりむくみが生じてしまいます。

これらの要因により、体の外へと排出されるはずの水分(細胞間液)が細胞と細胞の間に入り込み溜まっていくと皮膚が膨らんだようにむくんでしまいます。顔むくみは顔に余分な水分が溜まっている状態なのでどこか腫れぼったく見えてしまいます。

Q.むくまないようにするにはどうしたらいい?

A.巡りを良くしてあげましょう。

顔むくみは本来必要のないものです。では、一体どうしたら、むくまないような顔になれるのでしょうか?ポイントは「巡りを良くする。」ことにあります。血液の流れが悪くなると、細胞間液が細胞と細胞の間に溜まっていくようになります。リンパの流れが悪くなると、余分な水分や老廃物がスムーズに排出できなくなります。血液の流れ・リンパの流れを改善することがむくみ解消方法です。

具体的には、

①体を冷やさない

シャワー率を減らすだけでもOKです。体を温め、発汗する習慣を身につけましょう。一年を通して腹巻するのもオススメです。おへその下を触ってみて手よりも冷たい場合、体を温めなければ、むくみ解消に欠かせません。

②塩分の摂取は控える

salt

(女性の塩分の平均摂取量は10gほどですができればその1/2〜2/3に減らしましょう。)ナトリウムという成分は水分を溜め込もうとする働きがあります。塩分を多く摂取すると水分が多く体に必要とされます。一度、自炊するときに塩分の量を計量すると想像以上の塩分摂取の事実を知ることになるでしょう。

③定期的(週3、4回)やや汗ばむ程度の運動

mukumi01

運動をすることで、筋力アップ=代謝アップ、エネルギー消費=ダイエット、運動=発汗、血流促進といった効果が期待できます。ジムでむっきむきにするのではなく、買い物を早歩きで行く、スニーカーを購入して近所散策、DVDエクササイズなど自分にできる運動を始めることです。続きそう、続かないだろうではなく「まずはやってみること。」これ、何より大切です。

顔むくみを1分で解消する方法

①人差し指・中指・薬指で鎖骨の上部分を5回こする。(マッサージクリームやオイルを塗ることをオススメします。)

②人差し指・中指・薬指で耳の下部分(フェイスラインをアゴから耳に沿っていき、薬指が耳に触れるくらいの1です。)を3秒押す。心地いいと感じる強さで十分です。

③耳の下部分からそのまま垂直に人差し指・中指・薬指を下ろし、鎖骨まで伸ばす。

④次にアゴからフェイスラインに沿って人差し指・中指・薬指で耳の下までさする。

ここまででフェイスラインの変化がわかってきます!

⑤眉毛の上を眉間から親指で指圧。

⑥アイホールを目頭側から優しく親指で指圧。

⑦頬は、小鼻の脇からこめかみに向かって3回、口の端から耳に向かって3回親指で指圧。

⑧最後に、再び耳の下から鎖骨に向けて人差し指・中指・薬指で伸ばします。

 

慣れてくれば1分以内で完了できる簡単マッサージです。まずは、鏡を見ながらやってみてください。痛みを感じるところは詰まっているところです。そんなときは力を加えるのではなく優しくさすってみましょう。続けることで「巡り」が良くなり、血行も良くなるので顔色がパァっと明るく見えます。

むくみ問題は、正直に言うと、代謝の低下やホルモンバランスの乱れなどにより、年齢を重ねるごとに実感してくる問題です。それでも、1分マッサージを毎朝晩していくことで、顔むくみ解消につながります。

メリット

顔がすっきりすると、気分も良くなります。

顔がすっきりするだけで顔立ちがシャープに見えます。

顔がすっきりすると、野暮ったさがなくなります。

 

早速、パンパンに膨れ上がった顔むくみの余分な水分をなくしていきましょう。

taoru03

まとめ

上記に挙げた方法で今日のむくみの解消から、根本的にむくみにくい体を徐々に手に入れていきましょう。

実際、著者である私も低体温(35.0℃でした。)でしたが、

1:湯船に浸かる

2:冷やされた飲み物は避ける

3:腹巻(ユニクロのヒートテック腹巻です。)

を1年続けてみることで、むくみにくい体質へと変わることができました。

むくみにくい体質は短時間では手に入りません。毎日の積み重ねが必要になります。これはキレイになるための習慣は続けることが大事なのと一緒ですね。

関連記事

  1. 美肌の秘訣「肌温度」を高める方法7選
  2. 見せ方しだい!女らしさを引き立たせるボディの見せ方を知ろう!
  3. 夏のボディケアで差をつける。見せるキレイな「うる肌女子」
  4. bijin_144 キレイな髪で女性の魅力UP!つや髪を作るお手入れを実践しよう!
  5. bijin_072 朝の洗顔…洗顔料使うの?使わないの?正しい朝洗顔を知ろう!
  6. re01 ダイエット後のリバウンドにサヨナラ!今日からできる4つの予防法
  7. 効かせる肌を作る「ブースター」は貴方のなりたい肌を作る鍵
  8. bijin_059 間違ったクレンジングで美肌を遠ざけていませんか?正しい方法で上向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

imitepiasu
  1. 03fca6ad03f4cd5c50424f5edfea7aa0_s
  2. hurosik25
  3. natugarasu25
  4. 219eb990f10ea75dc7793579d1f6fd40_s
  5. romehati11
  6. oyasumiakuse5.png
PAGE TOP